FX(外国為替証拠金)の基本

スワップポイント

スワップポイント

通貨の売買で利益を得るだけでなく、通貨の交換によってそのスワップポイントというものを受け取ることができるのも、FXの魅力のひとつです。

 

スワップポイントとは、金利の低い通貨を金利の高い通貨に交換し、保有することでその金利差を調整する『金利調整』のことをいいます。

 

ここで、例をあげてスワップポイントの説明をしましょう。

 

例えば、1ドル=100円のレートで「ドルの金利が3%」「円の金利が1%」だったとして、FXで1万ドルを購入したとします。

 

この時、100万円を借りて購入することになるので、100万円の借金に付く利息(1%の金利)が1万円、 買った1万ドルを預けた時に発生する利息(3%の金利)は300ドルです。

 

金利はこれらの“円”と“ドル”両方にかっていることになります。

 

この時、100万円を借りて購入することになるので、100万円の借金に付く利息(1%の金利)が1万円、 買った1万ドルを預けた時に発生する利息(3%の金利)は300ドルです。

 

金利はこれらの“円”と“ドル”両方にかかっていることになります。

 

この時、300ドル=3万円なので、受け取る金利3万円から支払う金利1万円を引いた2万円が利用者の手に入る利益になります。

最新ニュース
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 外国為替(FX)とは 通貨ペア 外貨の種類 参考例 スワップポイント スワップ金利の落とし穴